FC2ブログ
 

ハートが伝わるレッスン〜シロツメクサにて〜

ハートが伝わるレッスン〜シロツメクサにて〜

20190113234603ed1.jpeg

猫耳つけたかわいい子♡
シロツメクサに個別レッスンにきてくれたYちゃん。5歳。

今までで5.6回のレッスンを受けていますが(ほぼ毎月継続して)
どんどん成長が見られて毎回わたしもワクワクです。

自閉症スペクトラムというハンディキャップについて研修等でも学んではきましたが実際にはあえて言わせていただくとやはり「人と人のお付き合い」ということに他ならないと思うのです。

Yちゃんはレッスンを重ねるごとにもーりぃに親しみを感じてくれて
お人形さんを持ってきてくれたり
レッスン中にくるくるっとスカートをふんわりさせて見せたり
もーりぃと手をつないでくれたり
ほんとにそのお年頃の女の子、という姿を見せてくれています。

音声言語があまり見られないことを
お母様は少し気にされていたように感じていたのですが
このお母様、な、な、なんと
療育を専門にされている保育士さんとしてお勤めされている現役保育士さんなんですよ。
だからいつもYちゃんに丁寧に接しているんだなーと納得しました。

そんなお母様が選んでくれた
ハートサインダンス教室シロツメクサ。
確かな成果がでてきています!
レッスンの後明らかに音声言語が増えた話をご報告くださってわたしも涙が止まらないくらい感激しました。
ハンディキャップのあるYちゃんが
お母様以外の他人であるわたしを信頼して
自分をアピールしたり
一緒に手話を学んでいる姿にお母様としても成長を感じているようです。

Yちゃんは(というか、お子様はみんなそうですが)
おおきくなりたい!伸びていきたい!という気持ちに満ち満ちていると思います。

なのでハートサインダンス教室の中で取り組む手話という言語をしっかり習得して使ってみよう!という気持ちになっているのが伝わってきます。
やる気まんまんです!

わたしはどんなに重い障害のある方にも
ごく普通に接しています。
当たり前ですがちゃんと通じますから。
そして、その方なりの発信を必ずしていますから。

多分、多分ね、その
「普通に接する」ことが少し、いやだいぶハードルが高いということになっている気がするのです。世間的にね。

この件についてはまたいろいろ事例等書いていけたらと思っています。

とにかく、シロツメクサで成果が出ているのがとてもうれしいです!
ずっと身近なところで成長を見守っていきたいです。

息子に
「ねぇねぇこんなもーりぃにキャッチフレーズつけてよ。なんか講師としてキャッチフレーズあるといいなー」
と言うと

「倫理ギリギリもーりぃ」

と言われました笑笑
そうなのかー??
そんなにわたしは変わり者なのか…?笑笑

まぁそんな冗談はさておき
これからも前進していきますよー
いつまでも幼児に「お友達感覚」で接していただけるようなもーりぃでありたいです。

Yちゃん、お母様、シロツメクサに出会ってくれてありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。






スポンサーサイト



Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

その通り!

もーりぃ〜さん!「普通に当たり前に接する」私がずーっと感じていること、していることです。支援している方さえ、赤ちゃんに話しかけるように、バカにした言い方したり、難しいところです。もーりぃ〜さんを見ているとホッとします。

ありがとうございます!

にっちゃんままさん
コメントをありがとうございます!
ハンディキャップのある方への支援ってなかなか理解されない部分がありますよね…
わたしも日々悩みつつとりあえずありのままに接しています。(間違いも多々あれど…)
お互い様、の気持ちを持って支援していきたいですね。(^^)

Re: ありがとうございます!

> にっちゃんままさん
> コメントをありがとうございます!
> ハンディキャップのある方への支援ってなかなか理解されない部分がありますよね…
> わたしも日々悩みつつとりあえずありのままに接しています。(間違いも多々あれど…)
> お互い様、の気持ちを持って支援していきたいですね。(^^)
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索